代表メッセージ

>

システムエンジニアがビジネスパートナーとしての役割を担う

システム開発・導入においてはシステムを納品することで対価をもらうビジネスモデルも多く存在します。すると、IT企業にとってはシステム納品がゴールとなりますが、発注側の企業としては導入後の効果を期待してシステムを購入しているためシステム納品がスタートとなります。

お互いのゴールが違っているためにトラブルも多く、IT企業やシステムエンジニアに対してマイナスイメージを持っている企業も少なくないと思います。

しかし私は、本来システムエンジニアという職業は高い専門性を持ち、企業にとって必要不可欠な存在であると考えております。
その高い専門性を活かしITシステムを活用することで、企業の売上を上げることもコストを削減することも必ず実現できると考えています。

システムはあくまでもツールであり、目的はクライアントの事業成長へ貢献すること。
このブレない考えを持って、クライアントにとってのビジネスパートナーとしてあり続けます。

今後とも、末永くお付き合い頂ますよう、お願いいたします。

 

株式会社エッグシステム 代表取締役